社債詐欺の手口〜転換社債詐欺・私募債詐欺〜

社債詐欺の手口〜転換社債詐欺・私募債詐欺〜

電話勧誘や申込み案内のパンフレットが突然届いたりした場合、詐欺の可能性が高いです。
社債詐欺も未公開株とほぼ同じような手口で、投資家を騙すことがほとんど。
社債とは会社が資金調達を目的として、投資家による払い込みと引き替えに発行する債券のことです。社債は資本にあたる株式と違って、社債発行企業の負債(借入れ)にあたります。その債権に対して、発行企業が配当を出し、利回りを稼ぐことができるものです。
社債の募集の方法には、公募の手続きを経て一般に投資を募集する公募債、それ以外の私募の私募債があります。
企業が発行するのは社債は私募債がほとんどです。
社債は一般的には機関投資家向けに募集をすることが多いです。
社債の中に、将来的に社債発行企業の株式に転換することができるものがあり、これを転換社債(正式には「転換社債型新株予約権付社債」)と呼びます。

社債詐欺のに多いケースでは、初めのうちは配当が支払われます。しかし、最終的には破綻し配当が出なくなったり、社債発行企業と連絡がつかなくなったりするケースがほとんどです。

最近の傾向として、未公開株詐欺に対する世間の認知が高まってきたため、詐欺業者は転換社債詐欺・私募債詐欺に移りつつあります。
未公開株詐欺は上場時の値上がり益に期待させますが、社債詐欺の場合、「元本保証」・「高利回り」・「毎月の配当」などをキーワードにして勧誘してきます。最終的には、配当が滞り、計画倒産するという流れです。
組織的に行われることが多く、複数の業者が登場する「劇場型」詐欺が流行りつつあります。

この社債詐欺、私のところにも電話がかかってきたことがあります。
「社債を持っているのであれば、是非売ってほしい」という内容の電話が業者からあり、「そんなものは持っていない」というと、「おかしいですね、青い封筒でパンフレットが送られてきませんでしたか?」と聞かれました。
届いてないことを伝えると、数日後、社債発行会社から投資を勧誘する内容のパンフレットが送られてきました。
余りにも稚拙な例だったので参考にならないですが、計画ではパンフレットが送られてきてから、詐欺師から電話があり、社債発行会社の社債を購入した後は、連絡が取れなくなるという計画だったものと思われます。
実際のところは分かりませんが、どうも未公開株購入者のリスト(名簿)が出回っているようです。

トラックバックURL

http://www.sagi110.net/syasai/85.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です