詐欺に騙される人たち

詐欺に騙される人たち

おだてられるとつい調子にのってしまう、見栄を張ることが多い、付き合いを断れない、好奇心旺盛でギャンブル好きなど、心当たりがあれば、騙される可能性はあります。
特に「詐欺には絶対騙されない自信がある!」という人は要注意です。
逆にそういう人は詐欺師や悪徳業者に狙われやすく、カモにされやすいのです。
自分は騙されやすいと思っている人は危機感を持っているので、騙されにくいものです。だから、自分は騙されないと思っている場合は、無意味な自信を持つことなく、常に危機感を持つようにしましょう。
詐欺や悪徳商法の被害に遭いやすいのは「高齢者」や「大学や会社に入学したての気分が浮わついている若者」が多いといわれていますが、そういう人ばかりが騙されるわけではありません。医者や弁護士、エリートサラリーマン、学者など騙されにくそうな職業の人が騙されることが多いと言われています。弁護士がオレオレ詐欺に引っかかったというニュースもありました。また悪徳商法業者が別の悪徳業者の被害に遭うケースもあるくらいです。
詐欺被害の件数や相談件数の統計は、警察庁や国民生活センター、消費生活センターなどから公表されていますが、この件数は実際の件数よりかなり少ないと言われています。おそらく実際に報告されている件数の3~5%程度にしか満たないといわれています。多くは相談や通報ができずに泣き寝入りしているのです。

関連記事

  1. 詐欺・悪徳商法の手口まとめ
  2. 詐欺と悪徳商法業者の見分け方~10のポイント~
  3. 詐欺師と悪徳業者の違い
  4. 詐欺と悪徳商法

トラックバックURL

http://www.sagi110.net/sagi/43.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です